So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

わがままか障害か

授業の妨害をする
教師の支持に従わない
教師に暴言を吐く

障害が疑われる生徒であれば
その原因を探る

障害のかけらもない生徒であれば
どうしますか?

やはり
その子の人権を尊重して
話を聞く?

あーー
授業を受ける権利を奪われたその他多くの生徒の人権は
どうなるのですか。

私はいささか疑問です!!!
いつから教師は
生徒のご機嫌をうかがうようになったのでしょう。

そんなの
まやかしだ!
そんなことしてるから
学級が壊れるんだ!
nice!(1)  コメント(0) 

著作権をないがしろにしてはならん!

とある研修会に出席した。

パワーポイントを使って、教材を作るという
よくある研修会

その講師の方
ある小学校の校長先生

パワーポイントを使って
いろいろな教材を作ってこられたそうで
県内でも有名らしい
という話であった…

パワーポイントを使って教材を作る実習をした。
その中でこんな発言

「イラストとか写真とか必要な場合は
 ネットにたくさんあります。
 著作権とかいろいろうるさいですが
 ばれなければ使ってもかまいません。」

我が耳をうたがった。
それはいかんだろう。
著作権が何かをこの人は全く分かっていない。

ましてや、公的な研修会の講師として呼ばれていながら
著作権は無視してよいなどということを
平然というとは何事!!!!!!!!!!!!!

研修前のプロフィールも全て吹っ飛んでしまった。
肩書きもかすんでしまった。
よくそんな考え方のまま
小学校の校長が務まるもんだ。

最低です。
校長先生。
あなたは
教師として失格です。
いや
人間として失格です。

著作権は
深く人権に根ざした
大切な権利です。
それを
ばれなければよいなどと

こんな人を講師に迎えたみなさん
どうかしてませんか。

こんなことを許しているから
いつまでたっても教育は前にすすまないんだ!!!!!

nice!(0)  コメント(0) 

もういっぱいがまんしてきたんだけど

もういっぱいがまんしてきたんだけど

「それくらい我慢しなきゃね。」
「それが我慢できればみんなとうまくやっていけるよ。」
そうだろうか。

障害がある子どもたち
あれも我慢
これも我慢
我慢我慢と言われ続けてきた

なぜ障害がある方が
我慢をして
合わせなきゃならない

それが
合理的配慮ですか。

それとも
こんなことを言うことすら
我慢しなけりゃなりませんか。

(発達障害がある子どもを持つ親のブログより)

それでもまだ
我慢しなけりゃなりませんか。
nice!(0)  コメント(0) 

教師の話題

入試引率すると、いろいろな学校の教員が待合室に集まる。
話題は、うちの学校はー 
から始まって
今、◯◯学校は大変らしい
昔、こんな大変な学校に勤務した
偉そうに、自慢話をするどこかの校長
つくづく、教員であることに、嫌悪感を感じる。
えーかげんにしろ!!!!!
こんな教員しかやとわんから
学校がかわらんのや!!!!!

罰を与える

ある朝、ある中学校に行くと
夏の日差しの中で、一人で黙々と草をとっている生徒が
「どうしたのだろう?」

聞いてみたところ
部活動にまじめに出てこないので
草取りを命じられたらしい。

いいかえると
部活動に出てこないという罪に対して
草取りをするという労働使役(罰)を与えられた
というわけである。

これでまじめに取り組むようになるだろうか。

答えはノーである。

先生方!!!!
気づいて下さい。

こんな懲罰主義では生徒は育ちません。

こんなことしてませんか。

ホントに生徒のこと考えてますか。

宿題忘れたから、廊下に立たせるのと同じですよ。

全国の先生方気づいて下さい。

もし、周りでこんな指導がなされていたら
即刻止めさせて下さい。

生徒は卑屈になるばかりです。
教師は罰を与えるためにいるのではありません。

部活動にうまくなじめないのなら
その原因をしっかりと話し合い
どうしたらうまくやっていけるか
その方法をいっしょに考える。
無理なら、別の方法を考える。
部活変わったっていいでしょ。
部活しないで他のことしたっていいじゃないですか。

なぜ、
勉強でも100%
行動でも100%
部活でも100%
を求めるのですか。

そして
それができない生徒に罰を与えるのですか。

ねえ、先生、そこで生徒に罰を与えようとしている先生!!!!
だめですよ。
あなたのやりかた
まちがってます。

そこのあなた!!!!!!

ましてや、管理職や上司として
後進に同じ指導方法を指示していませんか。

さいあくです

ベクトル

ベクトルを
どちらに向けるか

過去か未来か

過去に向けると
くらいくらい行き止まり

未来に向けると
あかるくあかるく続く道

明日の
自分を
演出するために
今日
何する

それを
考えると

それだけで
おおきく変われる

ベクトルを
未来に向けよう

若い教師諸君!!

批判ばかりする教師

感情をむき出しにして
生徒を批判ばかりしている教師はいませんか

いますね

そこに

あなたの横にすわっていませんか

そのひとにこう言って下さい

批判しかしない人は
人を変えることはできない
まして
育てることはできない
だって
自分を変えることができない人なんだから

そう
あなたのことです
先生

やめませんか
批判ばかりするの

見苦しいですよ

マイナスイメージ

この子は
物事をマイナスに受け止めるから…

よく聞く言葉だ

しかし、本当にそうだろうか
それは、教師が勝手にそう思い込んでるのではないか。

生徒が物事をマイナスに受け止めるという
そのイメージを教師が勝手に解釈しているだけではないか。

捉え方次第で、行動も変わる。

生徒を
頭ごなしに
マイナス思考だなどと
勝手に判断して
その生徒の持っている可能性の
半分以上を切り捨てている

罵声の主

罵声の主

管理職

ある会議で

「私は生徒指導困難校を回ってきました。」
と豪語した。

どんな指導をしてきたのだろう。

こんな言葉も
「こいつらがもし迷惑をかけそうなら(以前行われた大会)
 即、バスに詰め込んで、強制的に連れて帰り、
 グラウンドで労働使役させます。」

人権意識のかけらもない。

生徒を物としてしか考えていない。

こんな教師に関わらなければならないのであれば
生徒にとって最悪である。

早く、早く、
1日も早く
教職から身を引いて欲しい。

まさか、こんな生徒指導が正しいなどと
考えている先生方
いらっしゃいませんよね。

指示か罵声か

とある陸上競技大会
閉会式で
それぞれの学校の生徒をならばせる

3通りの教師の対応があった

その1
何も言わない(人任せ)

その2
「まっすぐ並ぼう。」
(抑えめの声で)

その3
「おい!〇〇、動くな!!!
 おまえが動かなかったらちゃんとなるんだ!!!!!」

観客席には保護者も

失笑の嵐

人権感覚が問われる
(これはフィクションではありません。)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。